私たちの考え方

意識改革から行動変革へ。

私たちモアグロウは「意識改革から行動変革へ」を信条とし、
それぞれの問題の根本に働きかけ、貴社の接遇力向上を図っていきます。

接遇力を高め、顧客対応が格段にレベルアップすると、
社員同士でも心遣いや声掛けが自然にできるようになり、
職場でのコミュニケーションがスムーズになります。

そのようにして構築された、高い信頼関係や良好な職場の雰囲気は、
必ずお客さまにも伝わります。

表面上とりあえず教育されて整っているマナーでは、
顧客の心まで動かすことはできません。
また、接遇は命令されてできるものではなく、
そこには一人ひとりの自発性が必要です。

自発性を促し、従業員が生き生きと働ける環境を整えるため、
必要に応じて社会保険労務士の立場から職場風土の改善に取り組むことで、
ES(従業員満足)を高め、CS(顧客満足)の向上へと導いています。

接遇力が、ブランディングにつながる。

接遇とは「心」を表現するものです。

マニュアル通りの画一的な接客とは違い、
従業員一人ひとりが本来持っている
「気づきや温かい心遣い」を発信します。

それは決して難しいことではなく、
具体的な改善点や個人が持つ強みに気づくことができれば、
意識が変わり、自信を持って実践できるようになります。
それが、素敵な表情や言動となって相手に伝わるのです。

従業員一人ひとりの接遇力を向上させることは、
競合他社との差別化を図り、
ブランディングの強化にもつながります。

人材は企業の財産です。

それぞれの強みとなる個性を活かし、
キラキラ輝いて働く社員を育てませんか?

  • 接遇力「企業がリピーターを増やし続ける理由」売:幻冬舎 著者:浜田純子

    「接遇力」の意味や重要性を解説した、代表著作の書籍が幻冬舎から出版されました。

    人の心に響く接遇とは何か、接遇力により企業のブランディングを図るための取り組み方など、接客サービスのある業種に携わる経営者や従業員の皆様が新たな気づきを得て、接遇力の強化を自社の成長に役立ててくだされば嬉しく思います。

    Amazon購入ページへ